課題「角材ユニットによる立体構成」
角材を立体的に組み立てて作ったユニットを複数制作し、同じ箇所で順次接着して予想外の立体を得る。
課題「積層(軌跡充填体)」
同じ形にカットした数十枚のスチレンボードを、ずらしながら重ねてゆくことでできる曲面による表現。30×30×30cm以内。

課題「面の連続によるボリューム表現」
スチレンボードにスリットを入れ、面材を連続的に差し込んでボリュームを表現する。

Back to Top